tables(タブレス)のフォークケーキは行儀が悪い?

ヒルナンデスで紹介された「TABLES」(タブレス)のフォークケーキ。


小さなカップケーキにフォークが突き刺さっていて、斬新なデザインになっています。
フォークケーキ
このフォークケーキは見た通り、フォークがケーキに刺さっているので、袋を開けてそのまま食べることができます。


種類は5種類

  • 「シトラスフォーク」
  • 「ストロベリーフォーク」
  • 「バニラフォーク」
  • 「フルーツフォーク」
  • 「チョコレートフォーク」

です。


価格は420円から520円とちょっと高めですが、プレゼントに持って行ったら注目されること間違いなしです。


でもこれ、ひとつ食べるごとにフォークが増えるので、フルーツフォークを好んで食べている人は、キッチンにフォークがめちゃくちゃ増えて困りそうですね。

スポンサードリンク


フォークケーキは行儀が悪い?


一部では「行儀が悪い」と言う評価がありました。確かに日本では、食べ物にものを突き刺すというのは行儀が悪いとされています。


白ご飯を山盛りに持って箸を突き立てたものは、日本では死者へのお供えものとされていますからね。「TABLES」(タブレス)のフォークケーキは確かに見る人によっては行儀が悪く見えます。


それに、食べ物に物を突き刺すという行為が死者へのお供えを連想して、縁起が悪いと感じる人も多いと思います


ヒルナンデスではフォークケーキを好意的にとらえて放送していました。私も一番最初に見たときは「面白いデザインだな」と思ってました。


ただ、食べるときにフォークをひっくり返すので、ケーキの裏側が目に入るため、機能的にはどうなんだろうって感じはしましたけどね。

ツイッターでの評価

フォークケーキ2
Twitter で見ているとこういった否定的な評価に対して「意外と古風な人が多いんだな。」というツイートが見受けられました。


ただツイッターでは多くの人が「TABLES」(タブレス)のフォークケーキを可愛いとツイートしてましたね。


ただ、このデザインは年配の多くの方にとっては、「行儀が悪い。」と映るようです。一緒にヒルナンデスを見ていた母の評価は良くなかったです(;^ω^)


ですので、年配の方へのお土産やプレゼントとしてはちょっと注意が必要かと思います。


若い世代の方には「TABLES」(タブレス)のフォークケーキのプレゼントで話に花が咲くと思います。可愛いですしね♪


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ