「暑さ対策」の記事一覧

寝苦しい夜のエアコン対策【熱中症にならない】正しい使い方

寝苦しい夜のエアコンと熱中症の危険性

真夏の寝苦しい夜にエアコンを使う方は多いと思います。エアコンを長時間使うのはあまり良くはありませんが、猛暑日が続くときなどはエアコンを使った方が良い場合もあります。寝苦しい夜の対策としてエアコンを使う場合の正しい使い方についてまとめてみました。

寝苦しい夜は保冷剤で対策を!

寝苦しい夜の対策【保冷剤】

30度を超え湿度も高い寝苦しい日は、無理せずにエアコンを活用するのも良いですが、そうでない日はエアコンを使わずに、扇風機や保冷剤などを使って眠れるようになっていたほうが体には良いです。ここでは、保冷剤をうまく活用した対策方法についてまとめてみました。

寝苦しい夜の暑さ対策【エアコン】で体調不良になる原因

寝苦しい夜【エアコン】

夏は寝苦しいく睡眠不足になる方も増える時期。エアコンをかけっ放しにして寝る人もいますが、エアコンで体調を崩す人もいますし電気代もバカになりません。しかし寝苦しい夜になってしまう原因をしっかりと抑えておけば、エアコンが無くても意外と眠れるようになるものです。

【寝苦しい夜対策】扇風機で乗り切る方法!

寝苦しい夜【扇風機】

夏の夜、寝苦しくて寝れない・・・。こんな体験をしている人は多いはず。健康のためにエアコンではなくて扇風機で寝苦しい夜の対策をしたいと考える人は多いと思います。扇風機で寝苦しい夜を効果的に乗り切る方法についてまとめてみました。

赤ちゃん大丈夫?夏の夜の暑さ対策の3つのポイント

夏の夜の赤ちゃんの暑さ対策

一昔前と違い、日本の夏は非常に暑いものに変わってきています。夜も例外ではなく寝苦しい日が続くことも・・・。赤ちゃんは体力がないため、夏の夜に暑さ対策を何もしていないと大変なことになってしまいます。

赤ちゃんとの夏の外出 暑さ対策の外せないポイント

赤ちゃんベビーカー 夏の外出

基本的に夏の暑い日中は、赤ちゃんとの外出は控えた方が良いです。ですが、どうしても夏の昼間に赤ちゃんと一緒に外出しなければならないこともあります。そんな時の暑さ対策としていくつかまとめてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ