1分でわかる!慢性疲労症候群チェック

「寝ても疲れが取れない」「少し動くと疲労で動けなくなる」「過眠傾向がある」など、継続する疲労を訴える方が増えています。

休息をとっても疲労が抜けないという人は慢性疲労症候群かもしれません。

スポンサードリンク


慢性疲労症候群のチェック


慢性的に疲れており、休息を取れば疲労が回復するという方は慢性疲労です。


慢性的に疲れており、休息を取っても疲労が回復しないという方は慢性疲労症候群です。


ここでは1分間でできる慢性疲労症候群のチェックを紹介します。

【チェック項目】
労働をした際、1日経過しても疲労感が取れない。
筋肉痛が続く
咽頭痛、頸部痛(首)、リンパの痛みなどがある
理由がないのに関節が痛む
過眠傾向にある
熱っぽい、あるいは微熱が続く
筋力の低下を感じる
腕や足を持ち上げるのがしんどい
頭痛や頭重感や頭がもやもやする感じがある



慢性疲労症候群の方の大部分は上記の症状の半分以上が当てはまります。


なかなか取れない疲労感に加え、特に首から上の部分の痛みや重みを伴うことが多いです。


更に詳しく慢性疲労症候群をチェックしたい方はこちら!

慢性疲労症候群の治療


慢性疲労症候群を治療する病院も増えてきていますが、「これだ!」という治療方法は確立していません。


しかしながら、慢性疲労症候群の治療には、西洋医学の薬よりも東洋医学の漢方が効くことが多いようです。


十全大補湯や補中益気湯などに加え、精神的疲労の症状を訴える場合は抗不安薬や抗鬱薬の処方も効果が見られることもあります。


疲労が抜けないと感じている方は我慢せずに、すぐに慢性疲労症候群を診察してくれる病院に行くようにしてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ