食中毒予防にラクトフェリン入りヨーグルトが効果的!

世界一受けたい授業で食中毒について扱っていました。





夏場は特に食中毒に気をつけたいところですが、食中毒を防ぐ食べ物として意外なものが紹介されていました。


それが『ラクトフェリン入りヨーグルト』です。ラクトフェリン入りヨーグルトがどうして食中毒に良いのでしょうか。

スポンサードリンク


ラクトフェリン入りヨーグルトが食中毒に効果あり!

世界一受けたい授業では、「ラクトフェリン入りヨーグルトを毎日食べると食中毒になりにくい。」と紹介していました。



ラクトフェリンは殺菌効果が強いのだとか。


ですから日頃からラクトフェリン入りヨーグルトを食べて腸内環境を整えておくことで、万が一食中毒菌が体内に入ってもラクトフェリンが働いて食中毒菌を殺菌する可能性が高くなるというわけです。

ラクトフェリンが食中毒菌を抑える理由


実際に食中毒菌サルモネラでラクトフェリンの殺菌効果を検証したところ、食中毒菌サルモネラを次々と破壊していました。


細菌は増殖する際に鉄分を必要とするのですが、ラクトフェリンは細菌に奪われる前に鉄分を守る働きがあるのです。


そのため食中毒菌は増殖することができません。


しかもラクトフェリンは食中毒菌を攻撃します。

  • 食中毒菌の増殖を抑える!
  • 食中毒菌を殺菌する!



つまりラクトフェリンは食中毒菌の増殖を抑える働きと、食中毒菌の殺菌する二役をこなしてくれるというわけです。

『食中毒予防にラクトフェリン入りヨーグルトが効果的!』のまとめ


まさかラクトフェリンに食中毒予防効果があるとは知りませんでした(;^ω^)

しかし世界一受けたい授業では「ラクトフェリンは食べてすぐ効果があるわけではない」とも言っていました。



「生モノを食べたから食中毒予防のためラクトフェリン入りヨーグルトを食べておこう♪」というのでは効果がないというわけですね。


その理由はなぜか。世界一受けたい授業では言っていませんでしたが、おそらく食中毒菌の増殖スピードに関係があると思います。


食中毒菌の増殖スピードとラクトフェリンが食中毒菌を殺菌するスピードを比較した時、どう考えても先に体内に入った食中毒菌の増殖スピードのほうが早いですからね。


ということで、夏場は日頃からラクトフェリン入りヨーグルトを毎日摂取して食中毒を未然に防ぐようにしましょう!


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ