自転車危険運転14項目と罰則をまとめてみた!

2015年6月1日より、自転車の危険運転による道路交通法が改正されました。

今回の改正道交法は、簡単に言うとこれまで見逃されてきた自転車による危険な運転に対し14つの項目を設け、これに違反した自転車の運転手に対し罰則を科す法律です。

スポンサードリンク


自転車危険運転14項目

自転車危険運転14項目をまとめるとは以下の通りです。


自転車危険運転14項目・・・1項目目
・信号無視
これはわかりやすいですね。信号無視の事です。


自転車危険運転14項目・・・2項目目
・通行禁止違反
道路標識によって通行禁止とされている場所は通行禁止です。
なお、知らない人が多いのですが、自転車は『車両』に分類され、自転車が走行できる場所は原則『車道』です。


自転車危険運転14項目・・・3項目目
・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
こちらの項目は上の項目とも関係するのですが。、標識によっては自転車が歩道を走ることもできます。また、幼児の場合は自転車で歩道を走ることができます。
この二つの場合においても、徐行運転をしていない自転車は処罰の対象となります。早い話が「スピードを出しすぎちゃだめよ♪」ということです。


自転車危険運転14項目・・・4項目目
・通行区分違反
自転車道がある場合は自転車道を走行。ない場合は車と同じく車道(左側通行)を走ります。このとき、自転車は車道の左側を走らなければなりません。道路の真ん中を走ってはダメ!


自転車危険運転14項目・・・5項目目
・路側帯通行時の歩行者の通行妨害
自転車が路側帯を走る時、歩行者の通行を妨害してはいけません。あくまで歩行者が優先です。


自転車危険運転14項目・・・6項目目
・遮断踏み切り立ち入り
遮断機が降りた踏み切りに立ち入ってはいけません。ってこれは当たり前ですよね?


自転車危険運転14項目・・・7項目目
・交差点安全進行義務違反等
進行方向と交わる交差点が優先道路だった場合、優先道路の車両が優先です。


自転車危険運転14項目・・・8項目目
・交差点優先車妨害等
交差点で右折する場合の優先車は、対向する直進車や左折車が優先車両となります。優先車両の走行を妨害してはいけません。


自転車危険運転14項目・・・9項目目
・環状交差点安全進行義務違反等
環状交差点(ラウンドアバウト)に進入する際は、徐行運転しましょう。


自転車危険運転14項目・・・10項目目
・指定場所一時不停止等
『止まれ』の標識がある場合は従いましょう。


自転車危険運転14項目・・・11項目目
・歩道通行時の通行方法違反
自転車は車道を走るのが原則ですが、標識等によっては歩道を走ることができます。その場合自転車は『車道寄り』を走らなければなりません。また歩行者の通行を優先するため、場合によっては一時停止も必要となります。


自転車危険運転14項目・・・12項目目
・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
ブレーキがない自転車、ブレーキが利かない自転車、前輪後輪のいずれかのブレーキが利かない自転車はすべて違反です。


自転車危険運転14項目・・・13項目目
・酒酔い運転
自転車であっても飲酒運転はダメです!


自転車危険運転14項目・・・14項目目
・安全運転義務違反
自転車を運転する際に自転車の運転操作が確実にできない場合や、他人に危険を及ぼすような速度および運転は違反行為に当たります。
傘差し運転やスマホを操作しながらの運転イヤホンで音楽を聴きながらの運転などはこちらの項目に該当します。

自転車危険運転による罰則

上記の自転車危険運転14項目について、3年以内に・・・


違反切符による取り締まり
または
交通事故


を、2回以上繰り返して行った場合、公安委員会の自転車運転者講習の受講命令がくだされます。

自転車運転者講習
自転車運転者講習は受講時間が3時間で受講手数料は5700円になります。


万が一、自転車運転者講習を受講しなかった場合50000円以下の罰金がくだされます。

『自転車危険運転14項目と罰則をまとめてみた!』のまとめ

自転車危険運転による罰則は14歳以上のすべての自転車運転者に該当します。つまり中学校二年生から上の年齢の自転車運転者すべてが対象です。


通学に自転車を使っているお子さんがいるご家庭では今回の道交法改正について、家でもきちんとお子さんにお話するようにしてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ