腸内ガス・お腹の張りの簡単解消法!

腸内ガスやお腹の張りで苦しんでいる方はかなり多くいらっしゃいます。


腸内ガスとお腹の張りの解消方法0


あまりの辛さに病院に駆け込む方もいるほどです。


そんな辛い腸内ガスやお腹の張りを簡単に解消する方法を、世界一受けたい授業で紹介していました。

スポンサードリンク


馬鹿にできないお腹の張りの苦しみ

腸内ガスでお腹が張る
腸内ガスやお腹の張りで苦しんでいる方は非常に多いです。

男性・・・50%
女性・・・79%



これだけ多くの方がお腹の張りを経験しています。


ひどい方になると吐き気や痛みまで感じ、苦しさのあまり救急車を呼ぶ方もいるくらいです。


基本的に腸内ガスは「オナラ」として排出されますが、腸内ガスを放っておくと腸内にガス溜まり(窪み)ができ、腸内がデコボコになってしまいます(大腸憩室)。

人は誰でもおならをする

おならはだれでもする
腸内ガスが原因でおならをするということは、人間なら誰でもあることです。


おならは生理現象の一つ。


腸内ガスでお腹が張らないという人でも、通常一日に約3Lのガスが発生します。


なお、腸内ガスでお腹の張りを感じている方は、ひどい人になると一日に約50リットルのガスが発生している人もいます。


「おならをしない!」という人でも寝ている間におならをするそうです。

腸内ガスが発生する原因

腸内ガスとお腹の張りの解消方法
では、おならの原因となる腸内ガスはどのようにして発生するのでしょうか。


腸内ガスの発生には二つの原因があると考えられています。


■腸内細菌■
これは腸内ガス発生要因の半分に相当します。


食べ物の消化に腸内細菌の働きは欠かせませんが、腸内細菌が食べ物を分解する際にガスが発生します。


■食事の際に飲み込む空気■
人は食事をする際に食べ物を飲み込みますが、それと同時に空気も飲み込みます。


この空気が必要以上に腸に溜まると『ガス溜まり』としてお腹の張りの原因になります。

ガス溜まりの原因

デスクワークでお腹が張る
お腹の張りの原因となる『ガス溜まり』の原因は大きく分けて4つあります。お腹の張りで悩んでいる人の多くの方がこのどれかに当てはまっているはず。

おならを我慢する

会社や外でおならを我慢する人は腸の動きが悪くなり、『ガス溜まり』が発生します。


放っておくと腸内がボコボコになり、さらに腸内ガスがたまりやすい腸になります。

長時間のデスクワーク

デスクワークは長時間座った姿勢で過ごすため腸が動きません。そのため腸内ガスが一定の場所にたまりやすくなります。


ガスがたまっている箇所はデコボコになり、さらに腸内ガスがたまりやすい腸になります。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると腸の動きも低下します。


睡眠不足・深夜の食事・ストレスなどは腸の働きを低下させ腸内ガスが発生・溜まりやすくなります。

食物繊維を取りすぎる

便秘解消に良いとされている食物繊維ですが、食べ過ぎると逆にガス溜まりを発生させる原因になります。


便秘解消やダイエットでサラダばかり食べている人は要注意です!

腸内ガス・お腹の張りの簡単解消法

ハチミツ牛乳で腸内ガスを解消
世界一受けたい授業で紹介していた、簡単な腸内ガス・お腹の張りの解消方法があります。


鈴木奈々さんが5日間続けた結果、腸内ガスが激減!通常値よりも1/5程度まで減り、お腹の張りが解消できたそうです。

解消法その1:食べ物

腸内ガスを解消してお腹の張りを改善する食べ物として、東邦大学医療センター瓜田純久先生は、『うどんやおかゆなどの炭水化物』を勧めていました。


炭水化物は消化されて便として排出される際に、腸内ガスを一緒に排出してくれる働きがあるそうです。

解消法その2:解消運動

ガスだまりを防ぐ解消運動があります。


【やり方】

  1. うつ伏せの状態に寝る
  2. その状態で左右にゴロゴロ10分転がる



この運動は物理的に腸を動かし腸内のガス溜まりを移動させる効果があります。

解消法その3:ハチミツ牛乳

牛乳に含まれる乳糖とハチミツに含まれるオリゴ糖が腸内を活発にして、便と腸内ガスを輩出する効果があります。


【作り方】

  1. 牛乳100ccにティースプーン一杯のハチミツを入れるだけ



毎朝飲むと良いです。

『腸内ガス・お腹の張りの簡単解消法!』のまとめ

人には言えない。だけどお腹の張りで悩んでいる・・・。そういう方は多いはず。

おならが多くなった。
ゲップが多くなった。
なんとなく胃腸が重たい。



こういう症状の方は腸内ガスによってお腹が張っていることもよくあります。


世界一受けたい授業で紹介していた『腸内ガス・お腹の張りの簡単解消法!』で対処してみてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ