累積疲労の原因と深刻な症状・累積疲労からの回復方法

累積疲労とはその名の通り『疲労が累積する』ことです。


累積疲労の原因と症状・累積疲労の回復方法


本来であれば休息することで疲労は回復するのですが、疲労に対する回復が間に合わない場合、疲労が徐々に累積していくことになります。


累積疲労の状態になると、ただ単に「疲れた」という症状ではなく、深刻な症状が現れることもあります。


累積疲労の原因や症状、また回復方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク


累積疲労の原因

累積疲労の原因
累積疲労は働き過ぎ、動きすぎ、ストレス、生活習慣の乱れ、運動不足などで疲労が溜まることが原因で起こります。

血管やリンパの流れが悪くなる

疲労が体に蓄積されると血管やリンパの流れが悪くなり、老廃物が体外に排出されにくくなるのです。

ホルモン分泌などの乱れ

それだけではなく、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経や酵素の分泌も乱れるため、脳を含む体内の臓器の機能が低下。


そうなると更に疲れが取れにくくなり、疲労が累積するという悪循環に陥ります。

累積疲労の症状

累積疲労は疲れが溜まってくるという状態。


累積疲労の症状は累積する疲労の度合いによって変わります。

累積疲労・・・軽度

累積疲労の症状『軽度』
累積疲労が軽度の場合に起こりやすい症状はイライラや怒りっぽいなどの症状です。


体に疲労が残ることで精神状態にも影響し、疲労が原因で余裕がなくなることで精神的な症状が出やすくなります。

累積疲労・・・中度

累積疲労の症状『中度』
累積疲労が中度になると、精神的な症状に加え頭痛やめまい、耳鳴りや動悸、光や音などに過敏になる、微熱などの身体症状も現れます。


「何となくだるい」「疲れが残っている」などの自覚症状もよく見られます。


医師の診断でも「異常なし」と言われることが多いです。

累積疲労・・・重度

累積疲労の症状『重度』
累積疲労が重度になると、精神的な症状が更にひどくなり『うつ病』や『パニック症』、『不安症』などの精神疾患などを発症します。


身体症状もさらにひどくなり、「めまいで体を起こさない」「寂寥感がひどくなる」「人混みに出かけることができなくなる」などの症状が出ます。


自殺を考える人も出てくるため、重度の累積疲労は危険な状態であると言えます。

累積疲労からの回復方法

累積疲労の回復方法
累積疲労から回復するための重要なポイントは『睡眠』と『呼吸』にあります。


もちろん食事や運動も大事なのですが、何よりも重要になってくるのは『睡眠』です。


良質な睡眠は疲労を回復する「成長ホルモン」を分泌させ、呼吸は疲労回復に関係のある「自律神経」を整えてくれます。


どうしても寝付きが悪く、不眠症の症状がある方は、病院で『睡眠導入剤』を処方してもらうと良いです。


呼吸については、時間をキチンと取って目を閉じて深呼吸を繰り返す「呼吸法」を行うと良いです。

『累積疲労の原因と深刻な症状・累積疲労~の回復方法』のまとめ

回復方法
今まで『疲労』についてはそれほど着目されていませんでしたが、疲労が累積することによって精神症状や不定愁訴が現れることが最近の研究でわかってきています。


累積疲労によって現れる症状は体からのメッセージです。


体からのメッセージを無視せずきちんと対処することで、疲労を溜めることがなくなります。


累積疲労で重症化する前にキチンと休みましょうね♪


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ