疲労回復物質FRを増やす方法

疲労の原因は体内で活性酸素が増加するためです。その疲労を回復する物質がFR(ファディーグ・リカバー・ファクター)です。


疲労回復物質FRの増やし方


F(疲労【ファティーグ】)、R(回復【リカバー】)でFR。ファクターは【因子】という意味ですから、疲労回復因子=FRになります。


たけしのみんなの家庭の医学でも紹介されていた疲労回復物質FRについて。疲労回復物質FRが増えにくい原因や増やす方法などについてまとめてみました。

スポンサードリンク


疲労回復物質FRについて

疲労回復物質FRが不足
疲労の原因は、増加した活性酸素が細胞を傷つけることで起こります。


活性酸素によって傷付けられた細胞から疲労因子FF(ファティーグ・ファクター)と呼ばれるたんぱく質が発生。


疲労因子FFは細胞死を促進させる物質であるため、体内は疲労因子FFを対処するべく疲労回復物質FRを分泌し、FFを除去していきます。


つまり、疲労回復物質FRは疲労因子FFがなければ発生しません。


ちなみに、疲労回復物質FRもタンパク質の一種です。

疲労回復物質FRが増えにくい原因

疲労回復物質FRが少ない生活
疲労物質FFが少ない状態が続くと、疲労回復物質FRの分泌能力は弱まります。


日頃から活性酸素が体内で適度に発生するような生活をしている方は、FFに対処するため日頃から疲労回復物質FRが分泌されます。そのため分泌能力は高くなります。。


逆に日頃、活性酸素の発生が少ない生活をしている方は、疲労回復物質FRの分泌能力は低下します。


疲労回復物質FRの分泌能力が低下している状態で、活性酸素が極端に発生する状況に陥ると疲労回復が間に合わず、結果、肉体や精神の疲労回復システム機能に深刻なダメージが生じます。


たけしのみんなの家庭の医学では、『夏バテ』の原因も疲労回復物質FRの分泌能力の低下が関係していると紹介していました。

疲労回復物質FRの分泌能力を高めるには?

疲労回復物質FRを増やす方法『運動』
疲労回復物質FRの分泌能力を高めるには、体内で活性酸素が適度に発生するような生活をする必要があります。


運動をして少し疲れたら、疲労があらかた取れるまで休む。

運動をして疲れる=疲労因子FFの発生
疲れが取れるまで休む=疲労回復物質FRの発生



これを毎日行うことで、疲労回復物質FRの分泌能力を高めることができます。


なお、強度の強すぎる運動を継続して行うと疲労回復(=疲労回復物質FRの分泌)が追いつかず、疲労物質が体内で蓄積されてしまいますので、必ず疲れが取れるまで休むようにしてください。

疲労回復物質FRを増やす方法

疲労回復物質FRは、体外からある成分を摂取することで増やすことができます。


その成分とは『イミダゾールペプチド』というアミノ酸です。


イミダゾールペプチドはサプリとして販売されています。



その他、イミダゾールペプチドは鳥の胸肉にも多く含まれている成分ですので、鳥の胸肉を積極的に食べると疲労回復物質FRが増えます。

『疲労回復物質FRを増やす方法』のまとめ

窓を閉めて寝ている
疲労回復物質FRを増やす方法には、ぬるめのお湯に浸かるという方法もあります。


38度~40度のお風呂に10分間浸かると疲労回復物質FRが増えます。


また、睡眠をきちんと取ることも重要です。


『きちんと疲れる』『きちんと休む』。疲労回復物質FRの分泌にはこの2つが重要なんですね♪


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ