畑の青魚とは?【エゴマ油】

畑の青魚とは「エゴマ油」のこと。エゴマ油とはシソから抽出される油で、青魚に多く含まれるEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれます。
エゴマ油
この点がエゴマ油が畑の青魚と呼ばれる所以です。では畑の青魚にはどのような効果があるのでしょうか。知っておきたい弱点などについてもまとめています。

スポンサードリンク


畑の青魚【エゴマ油】の効果は?


さて、ここで疑問に思うのが畑の青魚の効果です。


EPAやDHAは人間の体内ではほとんど合成されません。しかしながら人体には必須の脂肪酸です。エゴマ油に含まれるαリノレン酸には以下の効果が期待できます。

動脈硬化予防効果
血小板凝集抑制効果
抗炎症効果
抗アレルギー効果
認知症改善・予防効果
記憶力の向上効果



最近、やたらめったらエゴマ油が騒がれていますが、生活習慣病や認知症が増えてきた日本では当然と言えるのかもしれません。


超高齢化社会に突入した日本では認知症予防や改善は待ったなしの事案ですから。


ちなみに・・・

血管や動脈硬化改善に高い効果があるのはEPAの方です。DHAにも効果あるのですが、EPAより少し劣ります。


反対に脳に作用するのはDHAです。EPAは脳に作用しません。



畑の青魚であるエゴマ油はこの2つの栄養素の元となるαリノレン酸を多く含むわけですから、どれほど凄いかはわかっていただけるかと思います。


DHAとEPAを青魚から直接摂取してももちろん良いのですが、それに加えて畑の青魚「エゴマ油」も同時に摂取すればさらに効果が期待できるというものです。


エゴマ油は認知症が増える今後の日本社会を救う!かもしれません。


その他、畑の青魚エゴマ油には植物由来のポリフェノールが含まれており、ダイエットや美容効果も期待できます。

畑の青魚【エゴマ油】の弱点


これだけ素晴らしい効果のあるエゴマ油ですが、実は熱に弱いという特性を持っています。つまりエゴマ油を炒め料理に使うのはNG。


αリノレン酸が壊れてしまうのです。ちなみに青魚のEPAも熱に弱いため、EPAを青魚から効率よく摂取したいのなら生食が基本です。


畑の青魚も海の青魚も熱が弱点であることを覚えておきましょう。


また酸化しやすい特徴も持っていますから、開封後はできるだけ早く使い切るようにすべきです。

畑の青魚【エゴマ油】のまとめ


畑の青魚と呼ばれるエゴマ油。頭が良くなると言われている青魚に含まれるDHAの元となる成分が含まれているため、認知症予防だけではなくお子さんにも食べさせたい食材です。


また物忘れなどにも効果が期待できますし、脳を使いすぎている方にも改善効果が期待できると思います。現代人は脳をよく使ってますからね~。


まぁそうですね。畑の青魚は日頃の生活で毎日取り入れるべき食材と言えるのでしょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ