気象病の原因と効果的な対策

世界一受けたい授業で気象病について取り扱っていました。気象病とは、天気(気圧)の変化によって体調が悪くなる症状を言います。

雨の日に古傷が痛んだり頭痛がしたりする人もいると思います。これもすべて気圧による体調不良、つまり気象病です。


最新の研究でわかってきた気象病の原因や、予防方法について、世界一受けたい授業で放送された内容をまとめてみました。

スポンサードリンク


気象病の原因


世界一受けたい授業では、気象病の権威である佐藤純先生が原因と予防法を紹介していました。


まず気象病の原因について。


気象病は天気(気圧)に大きく関係します。では気圧の影響を感じ取るのは体のどこの部分でしょうか。


正解は『耳』です。エレベーター内や飛行機内で耳の奥がキーンとなったり痛くなったりすることがありませんか?


これは耳の奥の内耳にあるセンサー細胞(有毛細胞)が気圧の変化を感じ、内耳と脳を結ぶ前庭神経が混乱することで起こります。

気象病で起こる症状


前庭神経から伝わった混乱が脳を介して体の細部に行き届き、傷んでいる部分にその混乱の情報が伝わることで、気象病の症状が現れます。


症状:古傷が痛む
脳からの信号が古傷などの患部の痛覚神経を刺激するため、「雨の日は古傷が痛む」という状態になるのです。


症状:頭痛がする
頭痛の場合も同じで、気圧が低くなることで内耳から伝わった情報が前庭神経を通じて脳に伝わり、脳が混乱して頭痛を引き起こすのだそうです。


症状:めまい(メニエール病など)
気圧は内耳に影響をあたえることから、平衡感覚に影響を与えることもよくあります。そのため、気象病の症状で『めまい』を訴える人も多くいます。


症状:精神疾患
他にも、脳が混乱することで自律神経にも影響が現れるため、うつ病や不安障害、パニック障害などの精神疾患の症状も重くなることがあります。


症状:その他
佐藤純先生によると、気象の変化で喘息の発作も生じやすくなったり、心臓発作や脳梗塞が起こりやすくなることもデータでわかっているそうです。

気象病の予防


佐藤純先生によると、「気象病はある薬で予防できる」と言っていました。


その薬とは、「酔い止め薬」です。乗り物酔いの原因は、乗り物の揺れによって内耳の平衡感覚が乱れ、その情報を脳に伝える過程で前庭神経が混乱することで起こります。


つまり『前庭神経の混乱』という点で気象病と乗り物酔いの発生原因は似ているのです。


抗ヒスタミン剤が含まれる酔い止め薬は前庭神経を鎮める効果があるので、気象病の予防薬として活用することができるというわけです。


その他、腕の『内関』というツボを押すのも気象病予防に効果があるのだそうです。酔い止めバンドというものが販売されているので、それを活用するのも良いでしょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ