寝苦しい夜は保冷剤で対策を!

夏の寝苦しい夜の対策方法として一般的によく使われるのがエアコンです。しかしエアコンの使い過ぎで体温調整機能が低下し、夏バテになる人や熱中症になる人が増加しています。


寝苦しい夜の対策【保冷剤】


30度を超え湿度も高い寝苦しい日は、無理せずにエアコンを活用するのも良いですが、そうでない日はエアコンを使わずに、扇風機や保冷剤などを使って眠れるようになっていたほうが体には良いです。


体が暑さに慣れるため、夏の昼の暑さにもバテにくくなるからです。


ここでは、保冷剤をうまく活用した対策方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク


体温と睡眠の関係

就寝時の体温変化
寝苦しい夜に保冷剤を使うことでかなり眠りやすくなります。


人は眠りに入るとき体温が少し低下するのですが、夏は気温が高いため体温がなかなか低下しません。


そのため寝入りが悪くなり「寝苦しい」と感じるわけです。


保冷剤を使うと体温を下げることができるため、体が眠りに入りやすくなるのです。

寝苦しい夜に使う保冷剤の種類

保冷剤には大きく分けて、氷のようにガチガチに固まる保冷剤と固まらないジェル状の保冷剤の2種類に分けられます。


ジェル状の保冷剤は体のどの部位にも当てて使うことができますが、ガチガチに固まる保冷剤は使えない部位があります。


寝苦しい夜の対策として保冷剤を用意するのでしたら、使いやすいジェル状の保冷剤を用意しましょう。

保冷剤の効果的を最大に活かす方法

寝苦しい夜 保冷剤の正しい使い方
保冷剤を使って体の熱を下げることで、寝苦しい夜でも快適に眠ることができるのですが、間違った使い方をしていると効果が半減します。


体を冷やすと眠れるからと言って、保冷剤で体全体を冷やすわけにはいきません。


しかし、保冷剤を当てる部位によっては効率的に体を冷やせる部位があります。


その部位とは、太い血管が集まる『首』と『脇』と『股』です。これらの部位を保冷剤で冷やすことで体温が下がり、眠りに入りやすくなります。

保冷剤の正しい使い方

寝苦しい夜 保冷剤はタオルで巻いて
寝苦しい夜の対策として保冷剤を使うときは、いくつか注意点があります。間違った方法で使うと途中で起きてしまうことになりかねませんし、体に害を及ぼすことも。

必ずタオルで保冷剤をグルグル巻きにし、強い冷気を体に当てないようにしてください。

「じんわりと冷たさを感じる」程度までタオルを巻かないと、体が冷えすぎて寝ている途中で起きてしまいます。

体の一部分を冷やしすぎると筋肉が固まってしまい、起きた時に該当部位がダルく感じることもありますので注意が必要です。



その他、睡眠中に保冷剤がタオルから外れないよう、タオルをバンドで止めたりヒモで縛ったりすると良いでしょう


扇風機を併用するとさらに寝苦しい夜でも快適に眠れるようになります。⇒【寝苦しい夜対策】扇風機で乗り切る方法!

『寝苦しい夜は保冷剤で対策を!』のまとめ

保冷剤の間違った使い方
寝苦しい夜に保冷剤で対策をするのはとても効果的です。


私も熱帯夜の日はよく保冷剤を使います。ただし保冷剤を首の下に敷く使い方はしません。


理由は、私は首こりと肩こりの症状があるからです。


一度寝苦しい夜に保冷剤を首の下に敷いて寝たことがあるのですが、翌日起きた時に首がつったような感じになり、一日中痛みに苦しんだことがあるからです(;^ω^)


首こりと肩こりの原因は血流の悪さに起因することが多いのですが、保冷剤で首を冷やすと筋肉が収縮するため、余計に『こり』が強まってしまったのだと思われます。


それ以降、保冷剤は股の間に挟んで使っています。首コリや肩こりのある方は参考にしてみてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ