寝苦しい夜のエアコン対策【熱中症にならない】正しい使い方

真夏の寝苦しい夜にエアコンを使う方は多いと思います。本来であれば体が暑さに慣れないため、エアコンを長時間使うのはあまり良くはありません。


寝苦しい夜の正しいエアコンの使い方


しかし、初夏の段階で暑さに慣れる状況を作っていなかった方や、仕事上の関係でエアコンの温度に日頃からさらされている方、猛暑日が続くときなどはエアコンを使った方が良い場合もあります。


寝苦しい夜の対策としてエアコンを使う場合の正しい使い方についてまとめてみました。

スポンサードリンク


寝苦しい夜のエアコン【設定温度】

寝苦しい夜のエアコンと熱中症の危険性
まずエアコンの設定温度ですが、基本的には28度ぐらいが良いとされています。


しかし寝苦しい夜のエアコンの設定温度は、『日中にどの温度で過ごしていたか』で変わります。


日中のエアコンの設定温度を低くした空間で過ごしていた場合、寝苦しい夜の場合は28度でも暑くて寝苦しと感じることも。


その時は26度ぐらいまで下げて使用すると良いです。


ただし、それ以上下げすぎると、起床した時の室温と外気の温度差が大きくなるため、外出時に自律神経が乱れてダルくなることがありますので注意が必要です。

寝苦しい夜はエアコンを止めないこと!

次に多くの方が間違えているのですが、電気代がもったいないからと言って、睡眠中にタイマーでエアコンを止める方がいます。


しかしこの使い方は間違っています。下手をすると熱中症になってしまいかねません。


寝苦しい夜にエアコンを使用した場合は、朝までエアコンはつけっ放しにしておくのが正しい使い方です。

エアコンを止めてはいけない理由

窓を閉めて寝ている
一旦冷えてしまえば冷気がとどまるという部屋ならタイマーを使用しても良いかもしれません。


しかし、寝苦しい夜というのは基本的に外気が高いため、エアコンが止まると室内の温度が上がっていきます。


寝苦しい夜にエアコンを使用している方は、部屋の窓やドアを閉めきっている人がほとんどのはずです。


そうなると、室温は上がるのに風が流れないという、とんでもなく最悪な状態になるのです。


部屋は暑くなるのに風が流れないため体温が下がらず、熱中症になってしまい、最悪の場合はそのまま死亡してしまいます。

寝苦しい夜のエアコンの使い方

ということで、寝苦しい夜のエアコンの使い方をまとめてみました。

エアコンの設定温度は28度を基本とし、場合によっては26度ぐらいまで下げても良い。

寝苦しい夜にエアコンを使うときはタイマーにせず、エアコンをつけっ放しにする。



特に寝苦しい夜、エアコンをタイマーにしている方は熱中症の危険があるので注意してください!

『寝苦しい夜のエアコン対策【熱中症にならない】正しい使い方』のまとめ

就寝時の体温変化
エアコンによっては『切りタイマー』と『入りタイマー』を同時に設定する機能がついたエアコンもあります。


このような機能がついたエアコンなら、寝苦しい夜でもタイマー設定をしても問題ありませんが、そうでないならタイマー機能は使わない(つけっぱなしにする)ようにしたほうが無難です。


ちなみに、暑さに体が慣れている状態の人は、室温が30度であっても窓を開け扇風機などで風の流れを作っておけば、ぐっすり寝れる人もいます。


なお、日頃からエアコンをよく使っている人は体温調節機能が低下しているため、寝苦しい夜にいきなりエアコンをつけずに寝るなどということはしないでくださいね。


熱中症になりますから。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ