宿題代行サービスの正しい活用方法

学生が長期休みに入ると必ずあるのが宿題です。特に夏休みの宿題をものすごく多く課す学校も珍しくありません。





そんな中で現れたのが宿題代行サービス業です。宿題代行サービス業は結構盛況で、今では早めに申し込まないと依頼できないことも。


宿題代行サービスに対しては反対する方が多いですが、正しく活用すれば便利なサービスです。

スポンサードリンク


教育格差と宿題代行サービス


それほど話題にならないことも多いのですが、地域別による『教育格差』は存在します。


特に小中学校に限って言えば、都会の公立校と田舎の公立校を比較すると、一般的に田舎の公立校の方が教育レベルが低いと言われています。


また小学校中学校は基本的に『地域の公立校』に行くことが一般的で、他の公立校を選ぶことができないことも多いです。


つまり、自分の子供の学力と照らし合わせて学校を選ぶことができないのです。


そういった場合多くの方は学校が終わった後に『塾』に行きます。塾に行かないと将来必ず来る『受験』に間に合いません。

レベルに合わない夏休みの宿題


上記の状況を踏まえた上で、夏休みなどの長期休みに課される宿題について考えてみてください。


塾に行っていない子供たちは、通っている学校の教育レベルに合った知識しかないため、夏休みの宿題も学力的には『自分に合った宿題』になります。


しかし、塾に行っている子供たちに関して言えば、学校から課される夏休みの宿題が余りにもレベルが低いことも多いのです。


もちろん基礎を確認するという意味で宿題をするのはいいことなのですが、夏休みに入ると塾の『夏季(冬季)集中プログラム』などの特別カリキュラムに参加することが多いため、今さら学力似合わない学校の宿題をしていても(受験を考えるなら)意味がないのです。


こういった学生に関しては宿題代行プログラムは非常に有効なサービスになるのです。

宿題代行サービスの賛否


宿題代行サービスも否定する方も多くいますが、それは教育格差が問題視されていなかった時代から引き継いでいる意見です


教育格差が明るみに出た今の時代、宿題の内容と学力のバランスも考えた上で宿題代行サービスの賛否を議論してみると、また違った角度で何かが見えるかもしれません。

『宿題代行サービスの正しい活用方法』のまとめ

基本的に自分の学力と課された宿題のレベルがそれほど離れていないのなら、宿題代行サービスを活用するのは間違っていると思います。


宿題をすることが自分の力になるのですから。


しかし、通っている学校の学力が、目指しているまたは今の現状の学力と比較して著しく低い場合、夏休みの宿題の多くは意味がないものになります。


宿題代行サービスを批判する教育者の方もいますが、今の教育の実態を考慮すると、宿題代行サービスが一概に間違っているとは言えないと私は思います。


スポンサードリンク




2 Responses to “宿題代行サービスの正しい活用方法”

  1. 宿題代行屋Q 代表 板津知直 より:

    宿題代行業務を行っております。宿題代行屋Qです。

    検索を入れていたら、ヒットしたので、ふと立ち寄らせて頂きました〜( ´ ▽ ` )ノ

    宿題は、仰る通りそもそも「自分でやるべきもの」です。

    現状の教育課程の中で、格差があるのは諸外国でも同様ですね。

    最上位層ともなると、彼らのレベルは、小学5年生にして、公立の中学三年生のレベルを超えてしまいます。。

    夏休みの課題も、ただ読書感想文を読んで書くといった放置学習ではなく、事前に内容を読ませ、内容の細部を議論させ、
    夏休みにその細部をチーム毎に分け、夏休み後に発表という形でも良いでしょう。

    しかし、現状こういった課題に対してのフィードバック制も行われません。

    まぁ、色々あるんですよね
    (´・_・`)
    長文、乱文失礼致しました〜。

    • sarutti より:

      コメントありがとうございます(。・∀・。)

      今と昔では『学力』や『教育』について内容も変わってきていますし、社会から求められる能力も変わってきています。
      夏休みの宿題は確かに基礎の基礎としては有効ですが、はるかに高い学力を身につけた子にとっては「無用のもの」でしかないんですよね~。

      宿題代行屋Q 代表 板津知直の仰るとおり、フィードバック制を考慮した宿題もあれば良いのですが、そこまで考えている公立学校は非常に少ないように感じます。
      グローバル社会で役立ち生き残ることができる力を養う授業や宿題の重要性について、もっと真剣に考えなければならないといつも考えています。

      貴重なコメントをいただきありがとうございます(o・ω・o)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ