天気痛対策 酔い止め薬が効く理由

梅雨の時期や台風が来た時など、天気が悪くなると古傷が痛くなったり頭痛などの不調が出るという症状を『天気痛』といいます。


天気痛対策 酔い止め薬が効く理由


天気の変化で現れる痛みですが、これは気のせいではなくきちんとした原因があります。


そして天気痛対策として酔い止め薬が効くのですが、これにもきちんとした理由があるのです。

スポンサードリンク


天気痛の症状と原因

梅雨の時期の天気痛
梅雨、台風、夏、夕立、春先、秋など、季節の変化や気圧の変化などで現れる天気痛の症状にはいろいろあります。

古傷の痛み
頭痛
骨の痛み
関節痛
耳の奥の圧迫
腰痛
首の痛み
歯が痛い
だるさ



天気痛で現れる症状は多岐にわたり様々です。しかし天気痛を引き起こす原因は、体のある一つの部分に関係があります。


それは耳の奥にある『内耳』です。

内耳の気圧センサーの働きと天気痛の関係

内耳と酔い止め薬の関係
内耳には気圧の変化を察知するセンサーがあり、気圧の変化を感知し脳に信号を送ります。


気圧が低下するとき、センサー内のリンパ液が増加するのですが、このときリンパ液が動くことで『体が動いた!』という間違った情報も脳に伝わってしまいます。


脳はこの混乱をストレスと感じ、交感神経が活発化します。交換神経は痛覚神経を刺激するため、古傷が傷んだり持病が悪化したりと、体の弱い部分に天気痛の症状が発現するのです。

天気痛対策として酔い止め薬が効果的な理由

天気痛対策 乗り物酔い
天気痛の原因は内耳のセンサー内のリンパ液が動くことで、脳に『体が動いた!』という間違った情報が伝わることです。


これは、乗り物酔いと非常に近いメカニズムです。

乗り物酔いのメカニズム
乗り物に乗っているときに、目や内耳のバランスセンサーはを介して脳に伝わる情報は、『体が動いている』という情報です。


しかし実際には体は動かしていません。この情報の違いで脳が混乱し、乗り物酔いになるのです。



酔い止め薬には内耳に作用して脳への情報刺激を減らす成分が含まれているため、乗り物酔い同様に天気痛にも効果があるのです。

ただし、酔い止め薬は痛みが出る前に飲まないと効果がありませんので注意して下さい。


『天気痛対策 酔い止め薬が効く理由』のまとめ


天気痛は治すのが難しいとされていますが、酔い止め薬などで症状を緩和させることができます。


また、日頃から有酸素運動や筋トレをすることで血管や神経が強くなる結果、天気痛の痛みが減少することもあるようです。


日頃から運動を取り入れ、体をつくっておくことも天気痛対策には重要です。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ