大谷翔平体操のやり方と効果

大谷翔平体操とは、テレビを見ながら気軽にできる肩こり解消体操です。





ネプチューンのが司会を務めるジョブチューンという番組で紹介された『大谷翔平体操』のやり方と効果を紹介します。

スポンサードリンク


大谷翔平体操とは?

大谷翔平とは北海道日本ハムファイターズのイケメン投手、大谷翔平選手のことです。


彼の肩甲骨は非常にやわらかで、腰に手を当てた状態で肩がグニャっと前に突出するほど柔軟性が高いのです。


大谷翔平体操をジョブチューンで紹介したのは、整形外科医の中川照彦先生。


中川照彦先生は「日本肩関節学会」の理事長を務めるほどの偉い先生です。

肩こりの原因


中川先生いわく「肩こりは病院に行っても治らない。」そうです。かなりのぶっちゃけです(;^ω^)


理由は肩こりの原因にあります。


肩こりの原因は『運動不足』『悪い姿勢』『ストレス』にあるため、これらの改善は病院で薬をもらって治るものではないからだそうです。


肩こりを治すには胸を張ってウォーキングやジョギングを習慣化したり、週に一回水泳で肩を回すことも肩こり改善には効果があるそうです。


ちなみにここで紹介する『大谷翔平体操』も肩甲骨をやわらかくする体操です。

大谷翔平体操のやり方

大谷翔平体操は座った姿勢で行える簡単な体操です。

  1. 両手の甲を腰に当てる
  2. 両肘をできる限り胸の前まで近づける
  3. 3秒止めて一旦戻す(胸を開く)



10回1セットとし、一日3セット行います。


大谷翔平体操を行うことで肩甲骨周りの筋肉がストレッチされ血流が良くなる効果が期待できます。

『大谷翔平体操のやり方と効果』のまとめ

ジョギング
大谷翔平体操は簡単な体操ですので毎日続けてください。


運動不足や姿勢の悪さやストレスを自覚している方は、大谷翔平体操に加え別の解消法も行って下さいね♪

運動不足⇒運動(ジョギングやウォーキングや水泳)
姿勢の悪さ⇒評判の良い整体などで姿勢矯正の指導
ストレス⇒ストレスマネージメントを学ぶ



やっぱり体は動かさないといけないですね~(; ・`д・´)


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ