夜間高血糖 悪い睡眠が病気を生む!?対策はこれだ!

人間は寝ている間に副交感神経が働き血糖値が下がるのですが、悪い眠り方をしている人は、睡眠中に血糖値が上がってしまうことがあります。

これを夜間高血糖と呼びます。

スポンサードリンク


夜間高血糖が導く病気の数々


血糖値が上がると2型糖尿病になりやすくなります。


多くの方が2型糖尿病の原因を「甘いものの食べすぎ」と考えていますが、睡眠の仕方によっては血糖値が上がり糖尿病になる確率が高くなることが最近の研究で明らかとなりました。

夜間高血糖を招く悪い眠り方とは?


みんなの家庭の医学で夜間高血糖について取り上げていました。


番組の中では悪い眠り方を1週間続けてもらうという実験を行ったのですが、この実験に参加された方は見事に血糖値が上昇していました。


夜間高血糖を招く悪い眠り方とは【就寝時間を1時間短くする】というものです。

睡眠時間の血糖値の関係

なぜ睡眠時間が短くなると血糖値が上がるのでしょうか。

私たちの血糖値は膵臓から分泌されるインスリンという分泌によって血糖値を下げます。


逆に膵臓から分泌されるノルアドレナリンによって血糖値が上がります。



ノルアドレナリンは交感神経に支配されているため、私たちが活動している昼間に分泌量が増え、副交感神経が優位になる夜間に分泌が抑えられます。


睡眠時間が足りない状態が何日も続くと、夜に休まるはずの交換神経が休まらずずっとノルアドレナリンの分泌が続く状態になるのです。


これら夜間高血糖の原因です。

夜間高血糖の危険性


食べ物による血糖値の変化は通常一時的なものですが、睡眠時に血糖値が下がらない夜間高血糖は睡眠中ずっと続きます。


つまり血糖値が下がらない時間がずっと続くということ。これは体にとってとても危険なことなのです。


日本人およそ3500人を対象に調べた北海道大学の調査によると、7時間睡眠の人に比べて睡眠時間が5時間以内の人の糖尿病の発症率は何と5.4倍というから驚きです。


また、睡眠時間が短いと狭心症や心筋梗塞のリスクも高くなることがわかっています。

夜間高血糖の対策


夜間高血糖を防ぐ理想的な睡眠時間は7時間~8時間と言われています。


また睡眠時間が9時間を超える場合も夜間高血糖になる可能性は高くなります。


寝る直前までテレビを見たりパソコンやスマホのディスプレイを見ていると、交感神経がなかなか鎮まらないことは有名です。最低でも寝る1時間前にはディスプレイを消すようにしましょう。


みんなの家庭の医学で行った実験では、10日間ほど適切な睡眠時間をとることで夜間高血糖は改善できるようです。

『夜間高血糖 悪い睡眠が病気を生む!?対策はこれだ!』のまとめ

現代の日本は『睡眠』が十分でない人が多いにもかかわらず、睡眠をおろそかにしている人が多いようです。


睡眠は体を回復させるためにとても重要な行為。日頃酷使している体や脳、精神を休めるためにも睡眠の大切さを今一度考えてみるのもいいかもしれません。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ