冬バテは夏バテよりも危険!ひるおびでも紹介された冬バテの原因と対策

冬になると疲れやすく寝つきが悪くなる。よく風邪を引きやすくなる。そんな方いませんか?その症状は実は冬バテかもしれません。

実は私もそうでした。


冬になると体がだるくなり、眼精疲労が強くなったり胃腸の調子が大きく崩れるのも寒くなる季節が多かったのです。


昔はそれほど気にしていなかったのですが、今思えばこれもすべて冬バテの症状だったのでしょう。情報番組「ひるおび」でも冬バテを紹介していました。

スポンサードリンク


冬バテの方が深刻!?その症状は?

ひるおびにゲスト出演された医療ジャーナリストの森田豊氏によると、深刻具合は夏バテよりも冬バテの方が高いのだそうです。


夏バテの一般的な症状は、やる気が出ない、だるい、胃腸の調子が悪いというもの。


しかし冬バテになると、夏バテの症状(やる気がでない、だるい、胃腸の調子が悪い)に加えて筋肉がむくむ、寝付きが悪い、手足が冷えるイライラする、などの症状が加わります。


さらには風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

冬バテの原因


冬バテの原因は2つあります。その内の一つが『気温差』。


冬バテは自律神経のバランスを崩すことで起こります。部屋の中は暖かいのに部屋を一歩出ると冬の寒さで自律神経のバランスが崩れてしまいます。


自律神経は、寒くなると交換神経が働きを血管が収縮し、逆に暑くなると副交感神経が働き血管が拡がるという性質があります。


気温差が大きいと交換神経と副交感神経のバランスが大きく崩れてしまうのです。


気温差だけ見ると、実は冬の方が夏に比べて大きいのです。ひるおびの情報によると・・・
夏の場合
・最高気温が平均30.8度。
・最低気温の平均は23度。
・その差は7.8度


室内と室外の気温差
・夏場の昼30.8度。
・室内の推奨温度は28度。
・その差2.8度

冬の場合
・最高気温が平均10.4度。
・最低気温の平均は0.9度。
・その差9.5度


室内と室外の気温差
・冬場の朝0.9度。
・室内の推奨温度は20度。
・その差19.1度。


数字だけを見ても冬の方が外気と室温の温度差が高いことがわかります。


自律神経のバランスが崩れることで冬バテが起こるのなら、気温差の大きい冬の方が自律神経のバランスが崩れやすいことが数字の上でも明らかです。



冬バテのもう一つの原因は冬の寒さです。


冬は寒さのため交感神経が優位に働きやすくなります。すると体はいつも緊張した状態になってしまいます。


体がずっと緊張しているとそれだけエネルギーを使うわけですし、身体が凝り固まるというわけですから、バテやすくなってしまうんですね。

冬バテチェック

  • 爪が割れやすい。
  • 身体がむくみやすい。
  • 汗をかきにくい。
  • 耳の上と下から挟んで縦に折ると痛い。

これらはすべて血行が悪くなる、または代謝が悪くなることで起こります。


ひるおび!では上記の症状で冬バテをチェックしていましたが、私の体験上では上記の症状がなくても、だるさや胃腸の不調が続く方は冬バテの可能性が高いと感じます。

冬バテ対策


冬バテ対策のポイントは、交感神経と副交感神経のバランスを整えることにあります。特に交感神経を鎮めるために寝る前のリラックスタイムは非常に重要になります。

朝、日の光を浴びる


室内でゆっくりとした運動(ストレッチやヨガ)を行う


規則正しいバランスのとれた食事の三食きちんと食べる

冬バテには、ほうれん草などに多く含まれるALA(アラ)という成分が冬バテに効くのだとか。

食べ物をエネルギーに変えるアミノ酸「ALA」が多く含まれる食品
バナナピーマンほうれん草・タコ・イカ・納豆など

この中で「ALA」が一番多いのはタコです。

体を温めるぬるめのお風呂


寝る前にリラックス(パソコン、スマートフォンは見ないようにしましょう。)


冬バテの原因や対策のまとめ

要は交感神経の高ぶりを抑えるということが大事です。また、温度差を大きくしないようにするのも重要です。(これはなかなか難しいかもしれませんけどね)


毎日の生活をもう一度改めるようにしましょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ