便移植療法で難病が改善!ダイエット効果も!

便移植療法とは、他人の便を移植して病気を治す治療方法です。

例えば腸の難病を抱えている人は腸内細菌のバランスが悪いことが多いのですが、便移植療法で健康な人の便を体内に入れることで腸内細菌のバランスを変え、その結果病気を改善することができます。


便移植療法は実際に行われており、アメリカでは腸の難病を抱えた母親の腸内に、健康な娘の便を移植することで、母親の腸の難病が完治した例があります。

スポンサードリンク


便移植療法の副作用!?


この便移植療法は、ダイエット効果が期待できることもある程度証明されています。


上記の便移植療法の例ですが、母親の病気は治ったものの術後にこの母親はなぜか体重が増加してしまいました。


その理由は娘が極度の肥満体質だったからです。娘の便を移植することで、母親は娘の「太りやすい」という体質も受け継いでしまったのです。


このことから腸内細菌には「太りやすい体質にする腸内細菌」と「痩せやすい体質にする腸内細菌」があることが証明されたのです。

便移植療法でダイエット!


マウスを使った実験では上記の母娘の例のような、術後の体質変化の例が何例もありました。


ということは、逆に痩せている人の便を移植すれば、痩せやすい体質になるという可能性もあるのです。


今世界では、便移植療法を使ったダイエット効果の研究が行われていますので、近い将来便移植療法のダイエットが一般的になるかもしれません。

便移植療法に抵抗を感じる


便移植療法に対して抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、別にできたてホヤホヤの便(失礼!)を体内に移植するわけではありません。


当たり前ですが、特殊な処理を施してから体内に移植しますので、思っているような変な術式ではありません。


ですので安心してもらって良いです( ´∀`)bグッ!

『便移植療法で難病が改善!ダイエット効果も!』のまとめ

便移植療法はものすごく衝撃的な名前の治療方法ですが、難病を改善することもある画期的な治療方法です。


今後はさらに治療方法やデータを集めて、気軽にダイエットに使えるようになれば生活習慣病もなくなっていくかもしれませんね。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ