人生ラスト10年問題【超簡単】対策法!

日本の平均寿命は上昇していますが、健康寿命との差は広がっています。その差は約10年。





人生のラスト10年が寝たきりでは介護する方も介護される方も大変です。ここでは人生ラスト10年問題について、また対策法について紹介します。

スポンサードリンク


人生ラスト10年問題とは?


人生ラスト10年問題について、まず知っておきたいキーワードが二つあります。それが『平均寿命』と『健康寿命』です。


平均寿命とは「何歳まで生きられるか」です。人が生まれて死ぬまでを調査し、平均化したものが平均寿命です。


健康寿命とは「介護を必要とせずに活動できた年齢」です。人の手を借りずに自分で動けた、活動できた年齢までを調査し、平均化したものが健康寿命です。

日本人の平均寿命と健康寿命と差
平均寿命
男性・・・79.55歳
女性・・・86.30歳


健康寿命
男性・・・70.42歳
女性・・・73.62歳


平均寿命-健康寿命
男性・・・9.13年
女性・・・12.68年




平均寿命から健康寿命を引いた、日本人男性は9.13年、日本人女性は12.68年が、介護などが必要な年数ということになります。


つまり、人生のラスト約10年間は生きていくのに人の手が必要だということになるのです!

経済的損失について

人生ラスト10年問題 寝たきり介護
人が生きていく上で、ラスト10年間は介護などの手助けが必要となるということは、それだけ大きな経済的損失になるということです。

  • 親の介護のために子供が仕事をやめて介護に専念するということは、それだけ収入が減ります。
  • 介護のためにかかる費用も莫大なものになります。
  • 日本全体の経済を考えてみても、働けるのに介護のために働けない人が増えるということは経済的損失になります。
  • また健康でいられないということは頻繁に病院にかかるということですから、医療費も莫大なものになります。

人生ラスト10年問題の対策法

人生ラスト10年問題 サルコペニア
人生ラスト10年問題とは、平均寿命と健康寿命の差が10年開いていることです。


自分で活動できない期間が10年もあるということに問題があるのです。


では問題を無くすにはどうすればよいのか?それは『平均寿命と健康寿命の差を縮めれば良い』のです。


研究によると、人は「歩けなくなる」⇒「食事が少なくなる」⇒「認知症」の流れで人生ラスト10年問題に直面するそうです。


また、最初の「歩けなくなる」を回避することで、続く「食事が少なくなる・認知症」の流れを遅らせることができるのだとか。


ではなぜ人は「歩けなくなる」のか。その原因は「歩くための筋肉が少なくなるから」というのが圧倒的に多いそうです。


つまり、人生ラスト10年問題の対策法は『筋肉量を減らさない』ことにあるのです。

メディカルウォーキング

人生ラスト10年問題 メディカルウォーキング
人生ラスト10年問題は日本社会にとって、他人事ではないとても重要なことです。


寝たきりを防ぐためには日頃から筋肉量を維持するための運動をする必要があります。


その一つとして注目されているのがメディカルウォーキングです。

【メディカルウォーキングのやり方】
メディカルウォーキングはむつかしいものではありません。


メディカルウォーキングとは、ウォーキングのあとに筋肉量を増やすためタンパク質を摂取するというものです。


一日一万歩と言われていますが、最初から一万歩を目指すと途中で挫折しますので、まずは日頃歩いている歩数に+2,000歩するなど、できることから行いましょう。


また運動後は筋肉を増やすためタンパク質を摂取するようにしましょう。簡単なのは運動後に牛乳や卵を食べることです。


これだけでも筋肉を増やすことができます。

『人生ラスト10年問題の対策』のまとめ

人生ラスト10年問題まとめ
超高齢化社会に突入している日本にとって、この人生ラスト10年問題はかなり大きな問題です。


日本社会にとっても大きな問題ですが、寝たきりで人生のラスト10年を過ごさなければならないという現実は、我々一人一人にとっても放っておける問題ではありません。


ですが、日頃から運動を習慣化することで人生ラスト10年問題を回避できるのだとすれば、これほど簡単なこともありません。


運動をするのに遅すぎるということはありません。今日から運動を生活の一部として取り入れましょう!


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ