チアシードダイエットのやり方と効果【発見!ウワサの食卓】

スーパーフードとして定着してきたチアシード。そんなチアシードを使ったダイエット法が『チアシードダイエット』です。





医学博士もこのチアシードダイエットの効果を認めるほどです。


発見!ウワサの食卓で紹介していたチアシードダイエットのやり方と効果を紹介します。

スポンサードリンク


チアシードとは

チアシードとは、南米原産でシソ科の植物で、ゴマみたいな小さな食べ物です。


チアシードは食物繊維やオメガ3脂肪酸・アミノ酸など豊富な栄養素を含んでおり、高いダイエット効果が期待できます。

チアシードダイエットの効果


チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸は様々な効果があります。

中性脂肪を下げる効果
動脈硬化予防
高血圧予防
代謝促進効果



オメガ3脂肪酸含有量が多いとされるサーモン(オメガ3脂肪酸含有量:1.59g)より12倍も多く含まれています。
※チアシード(オメガ3脂肪酸含有量:20.2g)


発見!ウワサの食卓でチアシードダイエットにチャレンジされたのは斉藤こず恵さんです。


斉藤こず恵さんはチアシードダイエットを行った2日目に、長年悩んでいた便秘が解消したそうです。こちらは食物繊維の効果でしょう。


しかもその日は3回もトイレに行き、快便だったそうです。

斉藤こず恵さんのチアシードダイエットの効果

チアシードダイエット一週間を行った結果・・・

体重:82.0kg ⇒ 77.9kg (-4.1kg)
体脂肪率:49.6% ⇒ 47.8%
ウエスト:105cm ⇒ 98cm
首まわり:44cm ⇒ 37cm(-7cm)
中性脂肪値:169mg/dl ⇒ 109mg/dl(3割減少)
※正常値40~130mg/dl
内臓脂肪値:222.2平方cm ⇒ 183.8平方cm(2割減少)

たった1週間チアシードダイエットを行った結果がこれですからね~。チアシードダイエットはかなり高いダイエット効果を持つダイエット法だと思います。


また、糖尿病に関わるヘモグロビンA1Cに変化はなかったものの、先生いわく「この値は1週間で変わるものではないが、チアシードダイエットを1ヶ月続けていただければ必ず数値は良くなります」とおしゃっていました。

チアシードダイエットのやり方


一日に必要なチアシードの量は大さじ一杯(15g)でOK。これ以上食べるとお腹が緩くなったりします。


大さじ一杯を分けて毎食時に食べる。チアシードダイエットのやり方はただこれだけです。


【やり方】

  1. 朝食時に大さじ一杯の半分をヨーグルトなどに入れて食べる。
  2. 残りの半分を昼食や夕食で食べ物にまぜて食べる。



※女性の必要最低摂取カロリー(斉藤こず恵さんの場合、1200kcal)は最低限摂取しています。


発見!ウワサの食卓では朝食にヨーグルトとまぜて食べたり、チャーハンにまぜて食べたりしていました。


チアシードは水に入れると10倍に膨らみます。水分を加えてチアシードを食べるとお腹の中で膨らむので、お腹がすきづらくなります。

チアシードを大量に摂取すると腸内の水分を吸い取って便秘がひどくなりますので、適量を守ってチアシードダイエットこのようにしましょう。


『チアシードダイエットのやり方と効果【発見!ウワサの食卓】』のまとめ

発見!ウワサの食卓でチアシードダイエットを行った斉藤こず恵さんは、暴飲暴食こそしなかったもののハンバーグを食べたりしていましたし、運動等のダイエット法はされていませんでした。


それなのにこの効果ですから、チアシードダイエットはかなり効果の高いダイエット方法だと言えるでしょう。


チアシードは大きなスーパーで扱っていることもあります。ない場合は通販で購入できます。



ちょっと高い感じはしますが、一日15gでOKですので長い目で見るとそれほど高くはないと思います。


ダイエット効果だけでなく健康にも良いチアシード。ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ