スマホ老眼対策 アナタは大丈夫?

スマホ老眼とは、スマホの使いすぎで老眼のような目が不調になることをいいます。





老眼と聞くと40代以降の病気と思われがちですが、スマホ老眼は20代や30代に増えています。スマホ老眼にならないための対策、アナタはきちんと対策していますか?

スポンサードリンク


スマホ老眼の症状


パソコンやスマホを長く見過ぎた後に遠くを見るとピントが合いづらくなるという症状です。


そもそも老眼は、老化によって目のピント調整機能が衰え、近くの文字などがぼやけたり遠くの景色がぼやけたりする目の症状です。

スマホ老眼が起こる原因


人は物を見るとき目の中にある筋肉を収縮させることで、水晶体と呼ばれるピントを調整する目の中のレンズを薄くしたり厚くしたりすることでピントを調整します。


スマホやパソコンなど、近くを見続けると目の筋肉が疲れてしまい、水晶体を調整する機能が衰えてしまいます。


また、スマホやパソコンを見ることでまばたきの回数は少なくなります。こちらもスマホ老眼の原因になります。

スマホ老眼にならないために!対策はこれだ!

一番大事なのはスマホを長時間使用しないこと。
また目とスマホ約40センチ話すことも有効です。
意識してまばたきをする。
5メートル以上遠くを見る。



上記の対策方法は目の疲れや緊張を和らげるためによく言われていることですね。


でもスマホ老眼にならないためにはこれらの対策をきっちりとやりきることが重要です。


特にスマホを使う時間は減らしましょう。スマホを利用する時間が少なくなればそれだけ目を酷使することがなくなります。

スマホ老眼に特に有効!


ホットアイマスクを使って目を休めることはスマホ老眼対策として特に有効です。


水に濡らしたタオルを固く絞り、500ワットか600ワットで1分レンジでチンするだけでホットアイマスクが作れます。


一日数回ホットアイマスクで目の筋肉の緊張を解いてあげることで、疲れ目による目のトラブルはかなり減らすことができます。


ホットアイマスクを目に当てて4、5分間目を休めてあげましょう。

『スマホ老眼対策 アナタは大丈夫?』のまとめ

スマホやパソコンを使いすぎることによって、体のいろんな部分に不調が出るということが様々な研究機関から報告されています。


スマホ老眼対策だけでなく、体の健康を守るためにもスマホの使い過ぎに気をつけるようにしましょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ