スマホの性的脅迫(セクストーション)対策!

最近スマホがウイルスに侵されて性的脅迫(セクストーション)されるという被害が発生しています。





性的脅迫(セクストーション)は、アクセス制限をかけるランサムウェアというマルウェア感染によって起こります。


性的脅迫(セクストーション)、ランサムウェアはどういうものなのか。またその対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク


性的脅迫(セクストーション)とは?


性的脅迫(セクストーション)とは『セックス』と『エクストーション(脅迫・ゆすり)』を合わせた造語です。


悪質なアダルトサイトにアクセスし、マルウェア(コンピューターウイルスの一種)が仕込まれているアダルト動画やアプリをダウンロードすると、スマホがウイルスに感染します。


するとスマホ内に保存されているあらゆるデータが犯罪者の管轄下におかれ、「恥ずかしい写真をばらまかれたくなければお金を払え!」と脅迫してくるのが性的脅迫(セクストーション)です。


スマホのデータの中に恥ずかしい写真がなくても、犯罪者側でスマホの写真を加工して恥ずかしい写真に画像加工して脅迫されることもあります。

ランサムウェアとは?


ランサムウェアとはいわゆる人質アプリのこと。


ランサムウェアに感染すると、スマホのデータの管理・管轄が自分から犯罪者へと渡ります。

画像や動画などのデータ
電話番号やメールアドレスのデータ
スマホにダウンロードしたアプリのデータ
自分が閲覧したサイトのデータ



など、あらゆるデータが犯罪者側の管轄下に置かれるのです。


これらのデータを人質として、「ばらされたくなかったらお金を払え。アクセス権(管轄権)を返してほしければお金を払え。アクセス制限を解除してほしければお金を払え。」といった形で脅迫してきます。


データを人質として脅迫する最低なウイルスがランサムウェアです。


アダルト動画専用プレーヤーなどのアプリに偽装してダウンロードされることが多いため、『人質アプリ』と呼ばれています。

スマホの性的脅迫(セクストーション)対策!


最近のスマホはウイルス対策ソフトがほぼ必ず入っています。導入してる人も多いですし、ウイルス対策ソフトも常に更新しているという人は多いです。


しかしランサムウェアはウイルス対策ソフトが導入されていても全く関係なくスマホに感染します。そして性的脅迫(セクストーション)に被害に遭ってしまいます。


それはなぜか。それはアクセス権限の許可を求められたとき『YES』のボタンを押してしまうから。

軽く考えてはいけない『アクセス権限の許可』
実はアプリをダウンロードする際、「アクセス権限の許可」を求められます。


アクセス権限の許可とは、簡単に言うと「自分の持っているデータへアクセスすることを許可」つまり「スマホのデータを見ることを許可」するということ。


「このアプリ、ダウンロードするんだったら相手側にスマホのデータを見るアクセスを許可する?それともしない?」という問いかけが『アクセス権限の許可』というものです。


この問いかけにイエスと答えると、相手側にスマホのデータ権限が許可されます。つまり、相手側が自由にデータを見ることができるようになるのです。


性的脅迫(セクストーション)を行うランサムウェアは、アクセス権限が許可されるとスマホ内に侵入。瞬く間にスマホのあらゆる権限を持ち主から奪います。

ここがポイント

全く問題のないアプリに対しては、たとえアクセス権限を許可したとしても、スマホの全権限を奪うことはしません。スマホのデータを参照して、それに見合う有益なサービスを提供してくれます。



しかし、ランサムウェアはコンピューターウイルス。一旦スマホに侵入すれば犯罪者側の思うがままにスマホを操作されてしまいます。


極端に言えば、自分はスマホを触っていないのに勝手にスマホをいじられるようなものです。

勝手に誰かに電話をされたり・・・
勝手にメールをされたり・・・
ラインをされたり・・・
画像を加工されたり・・・



これがランサムウェアの怖いところであり、性的脅迫(セクストーション)の怖いところなのです。


性的脅迫(セクストーション)の対策はウイルス対策ソフトによって自動で行われるものではありません。


自分が自分の意志で持って『アクセス権限の許可』を求められた時に『NO』と言うしかないのです。これが唯一の性的脅迫(セクストーション)対策なのです。


ちなみにランサムウェアは、『アクセス権限の許可』によってYESを選択した際に侵入してくるウイルスであって、それ以外の感染経路はほぼありません。


つまり、性的脅迫(セクストーション)を防ぐ対策は、自分自身の選択にのみよるのです!!


性的脅迫(セクストーション)に遭ってしまった場合に備え、データのバックアップは必ずとっておきましょう。

万が一、性的脅迫(セクストーション)の被害に遭ったら・・・


万が一、性的脅迫(セクストーション)に遭ってしまったら、自分のスマホを速やかに初期化する方法以外、解決策はありません。


犯人に要求された金額を振り込んで解決するという方法もあるにはあるのですが、金額を振り込んだからと言って相手側がアクセス権限を返してくれる保証はまったくありません。


犯罪者がスマホのデータを完全に掌握する前に、できるだけ早くスマホのデータを初期化するほうが良いです。


犯罪者側はいかに効率よく性的脅迫(セクストーション)できるかどうかで被害者を選択します。


こちらが全データを削除したり、こちらからの連絡がない状態(つまりアクセス制限に困っていないという状態)になっていたら、執拗に追ってくることはまずありません。


理由は時間と手間がかかるからです。だったら別の被害者を探した方が犯罪者にとっては効率が良いのです。

『スマホの性的脅迫(セクストーション)対策!』のまとめ

性的脅迫(セクストーション)の対策は2つ。


1,怪しいアプリのアクセス権限の許可は認めない
怪しいかどうかがわからない場合は一旦アプリのダウンロードは行わず、ネットでアプリの評価や口コミ、安全性を調べましょう!


2,データのバックアップを取っておく
性的脅迫(セクストーション)に遭った場合、ほぼ確実にスマホを初期化しなければなりません。あらかじめデータを保存しておけば安心です。


怪しいサイトや怪しいアプリのダウンロードは行わない。これが一番の対策ですね。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ