カリソルブの副作用や費用について

カリソルブは今注目されている無痛の虫歯治療です。





「歯医者に行く=痛みがある」。この図式が成り立つため、多くの方は歯医者に行くの嫌がります。


しかしカリソルブは歯を削って虫歯を治療するという方法ではありません。


カリソルブは一体どういった治療法なのか。副作用やカリソルブの費用についてまとめてみました。

スポンサードリンク


従来の虫歯治療


これまでの虫歯治療といえばドリルで歯を削るという治療方法が一般的でした。またドリルで歯を削るさいに振動が発生するため、この振動が苦手という人も多いです。


虫歯とは虫歯菌が発生させる酸によって歯が溶かされることをいいます。


この虫歯菌を取り除くために、虫歯菌に侵された歯の一部を削って治療を行っていたのが従来の治療法。

カリソルブの治療方法


カリソルブは特殊な薬剤を使用した治療方法で、この薬剤を虫歯菌に貼付すると虫歯菌に侵された歯質だけが溶かされます。
※健康な歯の部分は溶けません。


この溶かされた歯質を専用の器具で掻き出すだけで虫歯治療が完了します。


カリソルブの治療法は、薬剤を虫歯に貼付して溶かし、それを掻きだして取り除くという治療法であるため、痛くありません。


また、カリソルブによる虫歯治療は、従来のドリル治療のように健康な歯質も削り取るという治療法ではないため、歯の健康にも良いのです。


なお、虫歯が神経の近くまで進行している場合はカリソルブの治療をしたあと歯の詰め物を行いますが、そうではない軽度の虫歯の場合は、カリソルブ治療の後に歯のコーティングをして治療は終了だそうです。

虫歯が神経に達している場合はカリソルブの治療法を受けることはできません。



でも無痛治療なら歯医者に行くことに抵抗はなくなるので、カリソルブの治療法が普及すれば、虫歯が神経に達することもなくなることでしょう。

カリソルブの副作用


カリソルブの副作用はありません。カリソルブはスウエーデンで開発された治療方法なのですが、スウェーデンでは1998年から一般的に行われている治療法方法です。


日本では2007年にカリソルブの治療法が厚生労働省に認可されました。


厚生労働省もその安全性を認めていますし、第一、スウェーデンで昔から一般的に行われている治療方法なのですから、副作用の危険性はないといえます


また日本でも現在のところカリソルブ治療による副作用は報告されていません。

カリソルブの費用


カリソルブ治療による費用は虫歯一本当たり一万円で行えます。ちょっとお高い感じはしますが、ドリルで削る時のあの痛みがないのならこの料金設定ならお安いものです。


ちなみにカリソルブは自由診療での料金になります。


日本に入ってきてまだしっかりとは定着してない治療であるため、保険適用で受けることはできませんが、一般的な治療になればそのうち保険適用になるかもしれません。


保険適用になったらカリソルブの治療費用は約3,000円ほど。これなら払えますよね(*^ω^*)


だって歯の治療は健康に生きる上で重要なことですから。痛みがない治療で歯の健康を確保できるのなら、これは日本国民に必要な治療方法だといえます。


ということで厚生労働省、さっさと保険適用を認めなさい!

『カリソルブの副作用や費用について』のまとめ

歯医者に行くと必ず聞こえるのが歯を削るあの音・・・。あの音を聞くと条件反射でこちらも緊張してしまうものです。


カリソルブなら歯を削る治療法ではないため、無痛で治療を受けることができるのです。


副作用もなく治療費用もまぁ手が届く料金ですから、今後はカリソルブ治療が一般的になるでしょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ