オーバートレーニング症候群の症状と治療方法

オーバートレーニング症候群は、スポーツやトレーニングなどで身体に負荷がかかり、その負荷が蓄積することで身体に様々な症状が発症します。





オーバートレーニング症候群は『単なる疲労の蓄積』で結論づけられるものではありません。症状が悪化すると完治までに5年以上の歳月を費やすこともあるのです。


知らないと怖い、オーバートレーニング症候群の症状や治療方法について紹介します。

スポンサードリンク


オーバートレーニング症候群の症状


オーバートレーニング症候群は、体力や精神力が回復しないままにスポーツやトレーニングなどを繰り返し行うことで発症します。


オーバートレーニング症候群の症状は様々な身体症状として現れます。

疲労
倦怠感
睡眠障害
食欲不振
集中力の欠如
体重の減少
心拍数や血圧の上昇
回復力の低下
免疫力の低下



オーバートレーニング症候群になると、脳内ホルモンの分泌バランスが崩れるため、精神的な症状が現れることもあります。

うつ病に似ているオーバートレーニング症候群


オーバートレーニング症候群の症状は多岐にわたりますが、うつ病の症状に似ているため診断が間違われることもあります。

■うつ病の発症原因は主に精神的なストレス


■オーバートレーニング症候群は肉体的なストレスが主な原因



ストレスを受けると人間の体はストレスに抗うために反応しますが、ストレスが続くと抗う力がなくなり慢性的な症状が現れます。


オーバートレーニング症候群とうつ病は病気の発症の元となる『ストレス』に違いはあるものの、体にとってはどちらも『ストレス』であることには変わりありません。


そのためうつ病と似たような症状が現れるのです。どちらにせよ重症化しないうちに治す必要があります。

オーバートレーニング症候群の治療方法


オーバートレーニング症候群の原因は過度な肉体的ストレスにあるのですから、十分に体を休めることが重要になります。


肉体的ストレスに加え精神的なストレス(責任や期待など)がある場合は、精神的なストレスの対処もするべきです。(ストレスコントロールやストレスマネジメントなど)


脳内ホルモンのバランスも崩れるため、必要によっては脳内ホルモンのバランスを整える投薬治療も有効になります。


症状が軽い場合は回復も早いですが、症状が重くなると回復までに何年もの月日を要することもあります。


またオーバートレーニング症候群の症状が重度になると、競技へ復帰することができなくなり選手生命が絶たれることもあります。


オーバートレーニング症候群の治療は専門家による治療が重要になります。

『オーバートレーニング症候群の症状と治療方法』のまとめ


オーバートレーニング症候群は、場合によってはかなり深刻な症候群です。


特にアスリートなどの『選手』という方々は、厳しい競争を勝ち抜くため限界まで体と精神を追い込む人も珍しくありません。


オーバートレーニング症候群は、アスリート以外の方でも陥ることがある症候群です。


キツ目の運動習慣を持っている方は、オーバートレーニング症候群にならないよう、体調の変化や自分に一番合っている回復時間の把握など、日頃から管理をするようにしましょう。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ