アクロヨガの効果とやり方

アクロバティックとヨガを組み合わせた、これまでにない新しいエクササイズが『アクロヨガ(ACRO YOGA)』です。





アクロヨガはサンフランシスコで始まったヨガで、世界中で流行っています。ヒルナンデス!でも紹介されました。


そんなアクロヨガのやり方と効果をまとめてみました。

スポンサードリンク


アクロヨガの効果

アクロヨガ3
アクロヨガは2人以上で行うヨガで、土台となる「ベース」とベースの上にくる「フライヤー」に分かれます。


ベースとフライヤーともに期待できる効果と、ベースとフライヤーそれぞれが期待できる効果があります。

両方に期待できる効果

  1. アクロヨガはアクロバティックなポーズをとるためにインナーマッスルを使います。そのため体感が鍛えられ、姿勢が良くなります。
  2. バランスが強化されますので、ボディラインが整えられます。
  3. 柔軟性が上がります。
  4. ベースに対する、またはフライヤーに対する信頼性が上がります。
  5. 心の開放効果が期待できます。

アクロヨガ・ベースの効果
ベースとなる人はフライヤーをバランスよく支えることになるため、バランス力のアップ効果や筋力アップ効果があります。


下半身の柔軟性も良くなります。

アクロヨガ・フライヤーの効果
足のつけ根や背骨をベースの足によって刺激されるため、血流改善やリンパの流れの改善が期待できます。


またバランスを維持することで姿勢の改善が、空をとぶような開放感で精神的な開放効果があります。

アクロヨガのやり方

アクロヨガ2
アクロヨガはアクロバティックなポーズとヨガのポーズを組み合わせたものになりますので、指導する人や補助をする人がいない状態でアクロヨガを行うと危険です。


特に初心者の方は要注意!面白そうだからと、補助する人がいない状態で行うと深刻な事故を引き起こすことにもなりかねません。


そういったことからアクロヨガでは、アクロバティックなヨガを補助する「スポッター」という役割の方がいます。


ベースとフライヤーの補助を行いつつ、呼吸や姿勢の一体化を補助する役割で、アクロヨガの『心を合わせる』という大事なポイントを補佐するのがスポッターです。


ですので、アクロヨガをやったことのない方は必ずアクロヨガを行っているスタジオで行うようにしましょう。ヒルナンデス!で紹介された時も、初心者にはスポッターが付いていました。


以上を理解した上で、アクロヨガのやり方を紹介している動画を見てください。



危険なポーズを行うときは、スポッターの方がいつでも補助できる体勢になっています。ヨガを行った方ならアクロヨガは簡単にできますが、それでもスポッターは必ず付けてくださいね♪

『アクロヨガの効果とやり方』のまとめ

アクロヨガ1
アクロヨガは一見すると難しそうに見えますが、初心者の方でもいくつかのポーズはすぐにマスターできます。


アクロヨガは重心とバランスと呼吸を合わせれば、むつかしそうに見えるポーズでも意外と簡単にできるようになるのです。


重心とバランスと呼吸が一度合ってしまえば、普通のヨガよりも気持ちいいそうですよ♪


ただしアクロヨガは、重心とバランスと呼吸を合わせるのが最初はなかなか難しいため、はじめて行うときはスポッターのいるスタジオなどで行うようにしてください。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ