さとう式リンパケアのやり方と効果

愛知県春日井市の月見歯科クリニック佐藤青児院長が考案した、10秒で肩こりを解消できるさとう式リンパケアがテレビで紹介されていました。


さとう式リンパケア


さとう式リンパケアこれまでにはなかった画期的な肩こり解消法。奥さま一万人総選挙という番組で紹介されていた、この簡単な肩こり解消法を紹介します。

スポンサードリンク


歯科と肩こりの関係

歯科と肩こりの関係
まず、歯科医である佐藤青児院長がどうして肩こり解消法を見つけることができたのかについて説明します。


佐藤青児院長は顔の筋肉(咬筋)が固まってしまう人の治療を研究されていたのですが、咬筋が硬い人は首から肩にかけての筋肉が固まってしまうことを発見。


佐藤青児院長は、該当する筋肉を緩めることでリンパが循環し、疲労物質などが流れ肩こりが解消することを突き止めました。


これが『さとう式リンパケア』です。

さとう式リンパケアの効果

さとう式リンパケアはたった10秒でカッチカチだった肩こりや首こりが解消します。


奥さま一万人総選挙で肩こりに悩んでいた柳原可奈子さんが『さとう式リンパケア』をされていたのですが、たった10秒で方がグニャグニャになるくらい肩こりが治っていました。


さとう式リンパケアのやり方

さとう式リンパケアのやり方
さとう式リンパケアの基本は「揺らして筋肉を緩める」だけです。


腕の筋肉を揺らすことで肩の筋肉を緩めると、老廃物や疲労物質がリンパを通して流れていくのです。

  1. 足を肩幅に開いて立ち、手のひらを上に肘を90度に曲げます。
  2. 軽く腕を外に開き、右手を左頬に軽く当てて深呼吸を三回行います。
  3. その状態で左手を軽くグーパー(×8)、内旋・外旋(×8)、アゴに伝わるように軽く手を揺する(×8)
  4. 次は右手を左首側に軽く当てて深呼吸を三回行います。
  5. その状態で左手を軽くグーパー(×8)、内旋・外旋(×8)、アゴに伝わるように軽く手を揺する(×8)
  6. 次は右手を左大胸筋に軽く当てて深呼吸を三回行います。
  7. その状態で左手を軽くグーパー(×8)、内旋・外旋(×8)、アゴに伝わるように軽く手を揺する(×8)



反対側も同じように行いましょう。


さとう式リンパケアは立った状態でも行えますが、横になって行った方が腕の力が抜けるため効果は高いです。


もちろん座った状態でも行えます。肩こりが辛くなりやすいデスクワークの合間に行って下さい。

さとう式リンパケアの動画

さとう式リンパケアの一部は動画でも確認することができます。



さとう式リンパケアは書籍でも販売されています。動画では紹介されていない運動も載っていますので、詳しいやり方を知りたい方は本で確認してください。


『さとう式リンパケアのやり方と効果』のまとめ

私も肩こりと首凝りがひどかったのですが、テレビを見ながら『さとう式リンパケア』をやってみてビックリ!


メチャクチャ固かった肩こりが一発で解消し、鈍重感で辛かった首こりがスッと楽になったのです!


これには本当にびっくりしました。肩こりや首こりで悩んでいる方は、是非さとう式リンパケアをやってみてください。


本当におすすめです。


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ